▲▲出荷が間に合わないくらい人気のいびきサプリ▲▲

いびき治し方- いびきの原因とメカニズムを理解しましょう。

「いびき」には音の大きさ、高さ、連続性など、それぞれに個人差があります。

 

同じ個人でも、その日の体調、枕の高さ、寝る姿勢などによっても、いびきは変わってきます。
 

 

いびきのメカニズムは、空気の通り道「上気道」が何らかの原因で狭くなり、

 

呼吸をしたときに粘膜が振動して音が出ることにあります。この振動がいびきです。

 

それは、トランペットなどの管楽器の音が出るメカニズムと同じのようなものです。

 

基本的には、いびきは息を吸ったときに出る症状ですが、息を吐くときにもかく「往復いびき」もみられます。

 

 

 

いびきの主な原因は「身体的特徴」「体調変化」「何らかの病気」の3つに分けられます。

 

身体的特徴は、首周りに脂肪が付いている、扁桃腺や咽頭扁桃(アデノイド)が大きい、

 

口蓋垂(のどちんこ)が長い、噛み合わせなどが挙げられます。

 

体調変化によるものは、身体の疲れやストレス、アルコールの過剰摂取、睡眠薬や精神安定剤の服用、

 

鼻づまり、などです。

 

 

 

また、いびきは眠っているときに一時的に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」を発症することが多く、

 

場合によっては、脳にダメージを与えてしまうことがあるので早急な治療が必要となります。

 

他には、アレルギー性鼻炎、甲状腺機能低下症などもいびきを引き起こす原因といわれています。

 

 

 

 

 

いびきの治し方、普段から出来るいびき解消法

日本の「いびき人口」は、推定2000万人といわれています。

 

成人男性で約20%、成人女性で約5〜10%とされ、中高年になるといびきをかきやすくなります。

 

本人には自覚がない場合が多いいびきですが、慢性的にいびきをかいていると

 

「睡眠時無呼吸症候群」「上気道抵抗症候群」などの病気につながる可能性もあるので対策をとりましょう。

 

いびきをかくのは男性の方が多いのですが、悩んでる割合は女性の方が圧倒的に多いといわれています。

 

「いびきを聞かれるのが恥ずかしくて旅行に行けない」「家族に騒音と言われた」など、

 

他人に知られたくない、家族に迷惑をかけたくない・・・という悩みが目立ちます。

 

いびきの原因は、肥満、口呼吸、ストレス、アルコール、加齢など様々です。

 

では、いびきを解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ここでは、普段から出来るいびき解消法を幅広くご紹介いたします。

 

自宅で簡単に、今日から始められることばかりなので、あなたに合った解消法が必ず見つかるでしょう。

 

 

 

いびきの治し方【その1】 肥満解消(ダイエット)

肥満の場合、首周りや舌に脂肪がついてしまい、上気道が狭くなるためにいびきの原因になります。

 

それを解消するには、ダイエットが必須となります。
 

 

肥満でなくても、二重あごなど、首周りに脂肪がついている人もスッキリさせる必要があります。

 

まずは、食生活の見直しから始めてみましょう。1日3回、決まった時間に食事をし、腹八分が基本です。

 

外食、コンビニ弁当、ファストフードなどは高カロリーで栄養も偏ってしまいます。

 

糖質や脂質を減らし、その分野菜を増やしてバランスの良い献立を考えましょう。

 

ダイエット中は、間食や甘いデザートなども控えることが大切です。

 

また、早食いは食べ過ぎの原因にもなるので、1回30回は噛むように心掛けましょう。

 

さらに、適度な運動をプラスすると効果的です。

 

無理な運動は続かないので、1日20〜30分のウォーキングやストレッチなどを取り入れてみましょう。
 

 

それが難しい人は、エレベーターを階段にする、1〜2駅は歩くなど、生活の中で工夫しましょう。

 

 

 

いびきの治し方【その2】 横向きで寝る

 

いびきをかきやすい姿勢と、いびきをかきにくい姿勢があるのをご存知ですか?

 

簡単なことではありますが、横向きで寝ることで、いびきが解消されることがあります。

 

仰向けで寝ると、舌が喉の奥に落ちやすくなるために、上気道が狭くなることでいびきをかきやすくなりますが、

 

横向きで寝ると、舌は左右のどちらかに片寄り上気道が確保されるので、いびきの改善につながります。

 

いびきは、ほとんどの場合が仰向けの姿勢で寝ているときにかいていることが多いといわれています。

 

ただ、寝ているときは意識して横向きの姿勢にすることは難しいので、

 

枕の片方を高くする、抱き枕を使用する、ニット帽をかぶり後頭部に詰め物をする・・・など、

 

仰向けで寝ることが難しい状態になるよう工夫されると良いでしょう。
 

 

仰向けで寝る習慣がついている人にとっては、横向きで寝ることに始めは違和感を感じてしまうかもしれません。

 

自分に合った無理のない方法を見つけて、横向きで寝る習慣をつけてみましょう。

 

いびきの治し方【その3】 鼻呼吸で呼吸するトレーニングをする。

 

いびきの大きな原因とされている「口呼吸」は、根本から改善する必要があります。

 

口呼吸は無意識に行っていることなので、自覚がない人も少なくありません。

 

寝起きに喉や唇が乾燥していたり、口がネバついている場合は口呼吸をしている可能性が高いでしょう。

 

口呼吸は、鼻呼吸よりも上気道が塞がりやすいので、いびきをかいてしまいます。

 

鼻炎や蓄膿症などで鼻が詰まりやすい人は耳鼻咽喉科を受診されることから始めましょう。

 

鼻の疾患がないのに、口呼吸が癖になってしまってる人は、

 

ガムを噛んだり、口呼吸防止用テープを上手く利用し、普段から意識して鼻呼吸を心掛けましょう。
 

 

口呼吸は、いびきの原因だけではなく、身体の抵抗力が低下する原因にもなるといわれています。

 

テレビを観ているとき、電車に乗っているときなど、ふとしたときに「ぽかん」と口が開いてることは

 

ありませんか? 人は本来、鼻呼吸をしています。

 

日頃から意識して、無意識でも鼻呼吸になるよう治してみましょう。

 

いびきの治し方【その4】 生活習慣の改善

いびきを治すには、生活習慣の改善が重要です。

 

いびきが軽い症状の場合は、生活習慣を見直すだけでも治ってしまうこともあります。

 

肥満の人は首や喉に脂肪がついているので、

 

痩せている人よりも気道が狭くなるため、いびきをかきやすくなります。

 

体重を落とすことで、首周りの脂肪が落ちることで気道が広がり、いびきが改善されます。

 

そのためにも、まずは食事の見直しをしてみましょう。

 

炭水化物や揚げ物は控えめに、野菜や魚を多めに摂り、カロリーを抑え目にするのがコツです。

 

出来れば、アルコールも控えましょう。

 

アルコールはストレス発散になりますが、過剰摂取は肥満やいびきの原因になってしまいます。

 

また、毎日気軽に出来る運動を取り入れましょう。

 

外出時に、少し多めに歩いたり、エレベーターを使わないなど、

 

「今すぐ気負わずに出来ること」を続けて行きましょう。

 

また、不規則な生活が続いて疲労やストレスが溜まるのも、いびきの大きな原因です。

 

無理をせず、自分に合ったリフレッシュ方法を見つけ、身体を休ませることを心掛けましょう。

 

いびきの治し方【その5】 枕の高さをちょうどいいものにする

いびきは、睡眠時の寝具が原因の場合があります。

 

特に、枕の高さが合ってない場合は、いびきをかきやすくなります。

 

成人の頭の重さは約5キロほどなので、その重さを支える枕はとても重要です。
 

 

高すぎても低すぎても、首が曲がるような状態になると上気道が狭くなり、いびきが悪化してしまいます。

 

枕の高さが合ってないと、身体に負担が掛かり、呼吸にも悪影響を与えるとされています。

 

いびきの改善には、仰向けで寝るよりも、上気道の閉塞を軽減する横向きで寝た方が良いといわれています。

 

寝ている状態で横向きになるよう自分でコントロールするのは難しいので、

 

身体が自然と横向きになるよう工夫された枕がおすすめです。

 

起床したときに、同じ位置にあった場合は、あなたにバッチリ合ってる高さといえるでしょう。

 

首のカーブが、立ってるときと同じ状態になる高さの枕が理想です。

 

適切な枕の高さには個人差があるので、自分に合った高さの枕を選びましょう。

 

いびきの治し方【その6】 いびき体操

加齢や肥満などが原因で口の周りの筋力が弱ってくると
睡眠中に舌をしっかり支えられなくなります。 
そのために気道が狭くなり、いびきをかくようになりますが、

 

口の周りの筋肉を鍛えることで舌の支えを強化し、いびきを改善することができるとされています。

 

そこで注目されているのが、自宅で簡単に誰にでも出来る「いびき体操」です。

 

「いびき体」操は、口腔内のエステ体操とも呼ばれ、ほうれい線やたるみを消す効果もあるといわれています。

 

 

@舌を前に出す

 

A舌を回転させる(口の中で歯茎に沿って舌を回す)

 

B舌を持ち上げる

 

C舌をそり返す

 

D口をすぼめる

 

E口に指を入れてすぼめる

 

F口をつり上げる

 

 

上記を無理をせずゆっくりと1回3セット、1日3回行いましょう。

 

 

また、シンプルな「あいうべ体操」も注目されています。

 

こちらは、大きく口を開け「あー、いー、うー、べー(思いっきり舌を出す)」と言うだけです。

 

1日3分間行うだけで、口呼吸が改善し、いびきの解消になるといわれています。

 

 

 

いびきの治し方【その7】 たばこをやめる

「たばこ」はいびきと一見関係がなさそうですが、実は大きな原因の一つに挙げられます。

 

たばこの煙に含まれる有害物質は約200種類ともいわれており、

 

喫煙者でなくても、たばこの煙を近くで吸っていると、いびきをかく原因にもなるほどです。

 

長期間の喫煙は免疫力や体力を低下させ、鼻や喉の粘膜が炎症を起こし、

 

上気道が狭くなることでいびきをかきやすくなるといわれています。

 

特にヘビースモーカーの人は、いびきを悪化させる可能性が高いので要注意です。
 

 

たばこをやめるか、本数を減らしていくことが必要です。

 

もしも、たばこをやめないまま吸い続けると、さらに状態は悪化して

 

「睡眠時無呼吸症候群」を引き起こす可能性が高くなります。この病気は時には命に関わります。

 

少しでも早い段階で禁煙に向けて行動することが、いびきの改善や健康のために良いことは間違いありません。

 

どうしても禁煙が難しい場合は、禁煙外来の受診をされるのも良いでしょう。

 

いびきの治し方【その8】 口の体操で筋力を鍛える

いびきは、筋肉が衰えて緩むことで発生します。

 

加齢や食生活などが原因で舌の筋肉が衰えてくると、口腔内で舌の位置が下がり口呼吸になるといわれています。

 

睡眠時は、舌や喉の奥の筋肉が落ち、気道が狭くなってしまうのでいびきをかくようになりますが、

 

口周りや舌の筋肉を鍛えることで、いびきを改善していく効果もあります。

 

今すぐ始められる「口の体操」を行ってみましょう。
 

 

●@舌を思いっきり10秒間出す(舌の根もとの筋肉を鍛える)

 

 A舌を上あごに吸いつけるように当てて、10秒間口を閉じる(舌の根元の筋肉を鍛える)

 

 B口をしっかり閉じて10秒間手であごを押し出す(顔の筋肉を鍛える)

 

 

 @〜Bを3セット、1日3回行います。

 

 

●「ほー」と発声しながら息を吐き、2リットルの空のペットボトルを唇でくわえる(口輪筋を鍛える)

 

 ※注意 歯でくわえない※

 

 

●「あ、い、う、え、お」と大きく口をあけて発音する(口輪筋を鍛える)

 

 

●歯と唇の間を舌でゆっくり回す(舌の筋肉を鍛える)

 

 

どれも自宅で簡単にできることなので、自分に合った体操を継続して行きましょう。

 

 

いびきの治し方【その9】 ストレス解消!

いびきには、様々な原因があります。ストレスもその一つです。

 

職場や家庭で強くストレスを感じた日に、いびきをかいてたと指摘された方も多いのではないでしょうか?

 

ストレスが溜まると脳が酸素不足の状態になり、より多くの酸素が必要となるために

 

人間本来の鼻呼吸ではなく、口呼吸になるといわれています。

 

口呼吸になると、舌が喉の奥に落ち込みやすくなるので気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

 

改善対策は「ストレスを溜めないこと」なので、日々ストレスを解消していくことが重要です。

 

例えば、運動をする、カラオケに行く、マッサージをするなど、
 

 

その方法は個人差があるので、自分に合った解消方法を見つけて取り入れましょう。

 

簡単にできる方法として「深呼吸」は大きな効果があります。

 

鼻から大きく息を吸って、鼻か口からゆっくりと吐き出しましょう。

 

寝る前に行うと脳に酸素がたっぷりと行きわたり、副交感神経の働きを高めリラックスできるのでおすすめです。

 

いびきの治し方【その10】 慢性化したときの防止対策は?

いびきは誰にでもあらわれる症状で、その原因も様々です。

 

風邪、お酒の飲みすぎ、旅行などでの疲労、睡眠導入剤の服用時など、一時的ないびきは問題はありませんが、

 

そのいびきが慢性化した際には様々な弊害をもたらすので、早急な対策が必要です。

 

家族と同居している場合は、いびきが騒音となり、共同生活を送ることが困難になることもあります。

 

いびきを指摘をされたことでパートナーと一緒に寝れない、旅行に行きたくない、結婚できないなど、

 

消極的になってしまう人も少なくありません。

 

また、脳への酸素不足により「集中力・記憶力・判断力」の低下も見られます。

 

慢性化したいびきは「生活習慣病」や「睡眠時無呼吸症候群」につながる可能性が高くなります。

 

そうなる前に、慢性化したいびきの原因を明確にし、早めの治療を行いましょう。

 

ここでポイントなのは、鼻づまりがあるかどうかです。

 

鼻づまりが慢性化したいびきの場合は、耳鼻科を受診します。

 

鼻づまりがない場合は、その原因を明確にして改善して行くのが良いでしょう。

 

肥満の場合はダイエット、口呼吸の場合は鼻呼吸に変えるなど、生活の見直しをすることが大切です。

 

また、市販のいびき防止グッズやサプリメントを使ってみるのも一つの方法です。

 

 

いびきの治し方【その11】 いびきの原因がアレルギー性の場合は?

日本人の5人に1人は「アレルギー性鼻炎」といわれています。

 

花粉やダニなど反応し、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状でが出るため、

 

時には日常生活に支障をきたす場合もあります。

 

その一つが「いびき」です。慢性的に鼻炎状態が続くと、鼻の粘膜が厚くなる「肥厚性鼻炎」となり、

 

狭くなった鼻腔で鼻呼吸をすることで「鼻いびき」が発生します。

 

また、鼻の通りが悪くなることで、本来の鼻呼吸が難しいために「口呼吸」へ変わり、

 

寝ているときに口呼吸をすることで、いびきをかくようになってしまいます。

 

鼻いびきの人は、鼻で息がしづらいために口呼吸で補う傾向にあり、

 

鼻の通りが悪いまま放置して慢性化すると「睡眠時無呼吸症候群」を発症する可能性が高まります。

 

いびきは同居している家族に迷惑をかけるだけではなく、もちろん本人の健康上にも良くありません。

 

アレルギー性鼻炎の治療をすることでいびきの改善にもつながりますので、早めの対策をとりましょう。

 

今からすぐ始められる対策としては「鼻うがい」が効果的です。

 

花粉やハウスダストを減らすためにも、部屋の掃除はこまめに掃除をすることが大切です。

 

耳鼻科での治療の場合は、抗アレルギー剤などを使った「対症療法」や、

 

鼻腔内の粘膜をレーザーで焼く「手術療法」があります。

 

レーザーを使った手術は、身体への負担も少なく、ほとんどの人が症状が改善されているそうです。

 

まずは一度、耳鼻科の受診をされることを検討してみましょう。

 

 

いびき治し方3 - いびき防止グッズを上手に使う

 

ドラックストアやインターネットでも「いびき防止グッズ」を
よく見かけるようになりましたが、

 

いびきの原因や症状に応じた、その種類はさまざまです。

 

 

●鼻腔拡張テープ・・・テープの反発力で鼻腔を外側から拡張し、鼻呼吸をスムーズにします。

 

●鼻クリップ・・・内側から鼻腔を拡張し鼻呼吸をスムーズにします。

 

●口閉じテープ・・・口呼吸防止のテープです。口に貼って、口が開かないようにします。

 

●マウスピース・・・寝ている間に舌が下がって、気道が閉塞しないように防止します。

 

●いびき防止スプレー・・・乾燥した粘膜を潤し、鼻呼吸を促します。

 

●マスク・・・口呼吸を防止し、口の渇きを抑えます。起床時の喉の不快感がなくなります。

 

●いびき防止枕・・・自然と横向きになるような枕の形になっています。

 

●いびき防止バンド・・・いびきの音を感知すると微弱な電流が流れ、身体が寝がえりをうつように促します。

 

         手首に巻いて使います。

 

●いびき防止サポーター・・・口を閉じるように固定するサポーターです。

 

 

いびきは、一緒に寝ている家族、もちろん本人にとっても、睡眠障害にもなりかねない深刻な問題です。

 

放置しておくと健康面にも支障をきたしてしまいます。

 

ご自分に合った、いびき防止グッズを上手く活用されてみるのも改善への一歩になるでしょう。

 

 

いびき治し方4 - いびきの日常生活への影響

 

家族など周囲の人の睡眠を妨げる

 

 

いびきは、本人に自覚症状がない場合も少なくありません。

 

一緒に寝ているパートナーや家族に「うるさくて眠れなかった」と指摘されて

 

自分がいびきをかいてることを知るパターンも多いようです。

 

 

いびきは体内が酸素不足になるために睡眠が浅くなり、疲労回復ができず慢性的な睡眠不足になってしまいます。

 

そのため、日中は眠気に襲われて集中力や判断力が低下し、

 

仕事のミスや交通事故などを引き起こす原因にもなりかねません。

 

 

日常生活に支障をきたすだけではなく、命に関わることにもなるのでいびきは侮れません。

 

また、いびきは家族や周囲の人の睡眠を妨げることにもなります。

 

 

少しの音でも敏感に反応してしまう人にとって、いびきは騒音にしか感じられません。

 

いびきはわざとではない・・と分かっていても、ストレスが溜まってしまう人も多いようです。

 

睡眠不足は、精神不安定や気力の低下にもつながるので、人間関係にも大きく影響すると考えられます。

 

それが原因で家庭内やお付き合いが不和にならないよう、いびき対策をして行きましょう。

 

 

いびきは放置して悪化すると「睡眠時無呼吸症候群」になる可能性も高いので要注意です。

 

毎晩いびきをかいている、時々呼吸が止まっていると指摘されたことがある人は、早めの対策をとりましょう

 

 

疲労が取れない

 

いびきをかいて寝ている人は、ぐっすりと深い睡眠がとれてると

 

思われがちですが、実は体内が酸素不足になるために

 

正しい呼吸ができず、熟睡できない傾向にあります。

 

 

睡眠不足の状態なので、疲労回復ができず、疲れが取れない状態が続きます。

 

睡眠時は舌が喉の奥へ落ちるので、誰でも上気道が少し狭くなってしまいます。

 

 

健康な人の場合は極端に上気道が狭くなることはありませんが、

 

肥満や鼻づまりなどが原因でさらに上気道が狭くなると、いびきが発生しやすくなります。

 

いびきをかく人のほとんどは「口呼吸」をしています。

 

 

 

いびきは本人に自覚がない人も多いですが、

 

「起床時に喉が渇いている「朝起きた時に頭痛がする」

 

「寝ても疲れがとれない」などの症状がある人は

 

いびきをかいているかもしれません。

 

 

上気道が狭くなっていると、体内に取り込む空気量が少なくなるので、
酸素不足になってしまいます。

 

 

人は睡眠時に約4000回ほどの呼吸をしているといわれているので、
その影響は非常に大きいといえます。

 

「日中、頭がボーっとする」「集中力がない」
「寝たはずなのに強い睡魔に襲われる」などの症状がある人は

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いもあるので注意しましょう。

 

睡眠不足による能力の低下

 

人は睡眠不足になると、集中力や判断力が低下し、
日中に強い眠気などを引き起こしてしまいます。

 

現代人は慢性的な睡眠不足といわれていますが、
睡眠時間を十分取っているにも関わらず、

 

 

「疲れが取れない」「日中、睡魔に襲われる」などの症状が
見られる場合は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

 

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に10秒以上呼吸が
止まる状態が、1時間に5回、または7時間に30回以上
繰り返し起こる病気です。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の場合、眠っているときに
大きないびきと呼吸停止が起こるため、
家族に指摘されて本人が気付くことも少なくありません。

 

呼吸が停止することで、脳や身体に十分な酸素が
行きわたらないために睡眠の質が落ち、様々な能力の低下や
不安定な精神状態を引き起こす原因になってしまいます。

 

頭がボーっとした感じとなり、仕事などの大きなミスにもつながります。

 

重症の睡眠時無呼吸症候群の人は、交通事故の危険性が
通常の7倍にもなるといわれています。

 

また、身体の隅々まで血液が行きわたらないために、
高血圧や糖尿病などの生活習慣病のリスクが高まり、
心臓病や脳卒中の発生率が3〜4倍、平均寿命が
約7年短くなるという報告もあります。

 

歯ぎしりも気になる人のために

 

睡眠時のいびきと同様「歯ぎしり」が気になる人も少なくありません。

 

一緒に寝ているパートナーや家族にとっては騒音となり、
家庭不和の原因にもなってしまいます。

 

歯ぎしりは通常の2〜4倍の力がかかるため、
咀嚼筋や顎関節への負担も大きく、
歯が摩耗して凸凹が無くなったり、折れてしまうこともあります。

 

 

「歯にひびや欠けた箇所がある」
「集中しているときに噛み締めている」
「起床時に顎が疲れてる」
「歯の噛み合うところがすり減っている」などの症状が
見られる人は歯ぎしりをしている可能性が高いでしょう。

 

いびきは、肥満や鼻づまりなどが原因で
上気道が狭くなることで発生しますが、
歯ぎしりの原因は「ストレス」によるものが大きいといわれています。

 

眠っているときに歯ぎしりをすることによって、
不安や憂鬱を解消しているといわれています。

 

ただ、歯ぎしりのメカニズムの詳細は不明な点も多く、
完全な予防対策がとれないのが現状です。

 

歯ぎしりを緩和するには、ストレスを解消していくのが一番の早道と考えられます。

 

また、意識して口の緊張をほぐし、リラックスすることも大切です。

 

無意識に歯を噛み締める傾向にある人は、特に注意が必要です。
マウスピースによる治療もあるので、一度専門医に相談してみるのも良いでしょう。

 

 

歯ぎしりの原因は?

 

歯ぎしりには主に、

 

上下の歯を強く噛んで左右にキリキリとこすり合わせる「グラインディング」

 

上下の歯をカチカチとぶつけ合わせる「タッピング」

 

上での歯を強い力で音を出さずに噛み締める「クレンチング」の3種類があります。

 

 

朝起きた時に「顎の関節が痛い」「口の周りがだるい」
などの症状が見られる人は、
歯ぎしりをしている可能性が高いでしょう。

 

 

歯ぎしりの原因は様々ですが、ストレスが大きく関係しているといわれています。

 

仕事、夫婦、介護、育児などのよる精神的肉体的ストレスがある人は、
就寝中に歯を食いしばって歯ぎしりを行うことで、
不安や憂鬱を発散していると考えられています。

 

ストレス以外の原因として、歯の噛み合わせの悪さ、アルコール、喫煙も挙げられます。

 

歯の噛み合わせが悪かったり、虫歯治療で詰め物が
合ってない場合は、顎の筋肉のバランスが悪くなるので
歯ぎしりの原因になります。

 

アルコールやニコチンの過剰摂取にも注意しましょう。

 

また、最近は逆流性食道炎も眠りが浅くなるので、歯ぎしりの原因ではないかといわれています。

 

歯ぎしりを続けていると、歯が擦り減り、根っこから折れてしまうことあります。

 

強い歯ぎしりをしてると思われる人は、一度歯科を受診されることをおすすめします。

 

いびきはサプリがいいです〜

いびきの原因は、加齢、口呼吸、肥満、鼻づまり、ストレスなど、さまざまです。

 

本人には自覚症状がなく、家族からの指摘で気付く人がほとんどですが、

 

そのまま放置しておくと、高血圧、心筋梗塞、脳卒中、睡眠時無呼吸症候群などの

 

怖い病気を引き起こす可能性があるので、早めの対策が重要です。

 

いびきは家族にも迷惑をかけてしまうので、薬を服用するのも一つの手段ではあります。

 

ただ、副作用があるので、そこはきちんと把握しておきましょう。

 

 

●ナザール(鼻づまり)・・・鼻の不快感、発疹、かゆみなどの副作用

 

●コールタイジン(点鼻薬)・・・鼻や喉の違和感、刺激感、炎症などの副作用

 

●ジルテック(鼻づまり)・・・発疹、かゆみ、眠気、倦怠感などの副作用

 

 

いびきを改善するには、その原因を探り、根本を改善するのが一番ですが、

 

近年では、いびき改善サプリが注目されています。

 

幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」に働きかける成分、

 

筋肉が正常な働きをするために不可欠な「コエンザイムQ10」、

 

筋肉の疲労回復成分「リンゴ酸マグネシウム」などが配合された、眠りに良いとされる食品なので安心です。

 

いびきを治したい方は、栄養素がたくさん含まれているサプリメントから始めることをおすすめします。

 

 

いぶきの実 女性の体験談をご紹介いたします。
満足度91%・・製造が追いついてない場合があります。

 

●思春期の頃から「大きないびきをかいてたよ」と母に指摘されてから、ずっと悩んでいました。
 友達の家に泊まりに行った時も、眠らずに徹夜したこともあります。彼氏には絶対に知られたくなかったので、
 いぶきの実を購入して飲み始めました。1ヵ月くらいして、母から「最近静かになった」と言われ、
 本当にホッとしました。これで安心して外泊もできます。(20代)

 

●年齢を重ねるにつれて、歯ぎしりのせいで熟睡ができず、昼間に眠気を感じることが多くなりました。
 マウスピースをつくるのも面倒で悩んでいたところ、見つけたのがいぶきの実でした。
 気持ちが落ち着き、歯ぎしりもしなくなりましたが、心地よい眠りを得ることができて満足です。(40代)

 

●いびき対策にテープを使っていましたが、朝起きた時にはだいたい剥がれていました。ネットで
 いぶきの実を見つけて飲み始めましたが、対策グッズと違って、身体の中からケアされる感じで
 全然違います。時間はかかりましたが、健康に良い成分も入っているので助かっています。(30代)

 

●爆音級だった私のいびきを救ってくれてのは、いぶきの実です。今までいろんないびき対策を利用しましたが、
 どれも気休めにしかならなかったので、正直初めは期待していませんでした。でも、1ヵ月ほど経ったとき
 「最近うるさくないね」と嬉しい一言をいわれたんです。本当に感謝しています。(20代)

 

 

いぶきの実 男性の体験談をご紹介します。

 

 

●妻から「いびきと歯ぎしりがうるさい」と指摘されて、別室で眠ることになってしまいました。

 

 口コミで評判だった「いぶきの実」を試すことにし、飲み始めて1ヵ月たった頃に確認してもらったところ

 

 「いびきも歯ぎしりも気にならない」といわれました。(40代)

 

 

●妻からいびきがうるさいと言われ、毎日飲み続けることにしました。

 

 いびきは少し静かになったようです。ハーブのリラックス効果で寝つきが良くなりました。(50代)

 

 

 

●今まで試したいびき対策サプリは、どれも効果がありませんでした。いぶきの実は、

 

 吸収率の高い還元型コエンザイムQ10が入っているので、その効果に驚いています。(60代)

 

 

 

●自分のいびきで目が覚めてしまい、急に恥ずかしく思えてきました。社員旅行も気が引けたので

 

 このサプリメントを飲むことにしました。飲み始めてから、夜中に自分のいびきで目が覚めることが

 

 なくなりました。(30代)

 

 

 

●慢性鼻炎ですが、いぶきの実を飲みだして、鼻の通りがスッキリになりました。GABAが入っているので

 

 心が落ち着き、生活のリズムのリズムも良くなりました。いびきだけでなく、歯ぎしりもしなくなったと

 

 妻に言われ、喜んでいます。(40代)